RYOBI684ちょっぱや仕様

Home / お気にいり. / RYOBI684ちょっぱや仕様

印刷機…めちゃ回りますね!

本日はロングランがあるので、

リョービ684を「ちょっぱや仕様」しております。

四国2機目の我が印刷機は、何かと改良前でカスタムが必要なのです。

 

回転数14500RPH !!!

14032304

 

給紙台のガタを防ぐため荷造り用のバンドで固定(笑)

14032301

 

吹きのボルトが、給紙台のガタガタで緩んでくるのでナットで固定(笑)

14032302

 

ズームイン!

14032303

 

これで快適高速回転仕様のできあがり!

さて、印刷しまっせー!!!

 

jump!jump!jump!
人気ブログランキングに参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
→ 木材・紙・印刷ランキングへ


→ 高知県ブログランキングへ

 

Comments(2)

  • まっつん
    26 3月, 2014, 00:33  返信

    こんにちは!

    先日もありがとうございました♪

    14500回転とは恐れ入りました・・・(汗

    出るんですねっ

    うちのは和紙やファンシー系の用紙が多いので、フィーダーヘッドはリョービ製からマーベック製に装換してあります。
    和紙等は紙が出ず、純正ヘッドは合わなかったようです。

    それでもアート系では11000回転で刷っています。

    振動もそうですが、最近はフィーダーベルトを張っているベアリングが印刷中にキュルキュル泣いています・・・CRCで応急!

    本日は蒸着系にベタ印刷。カールに、デリバリでの紙揃えに、ファン調整に四苦八苦しました・・・(疲

    • koishinx
      26 3月, 2014, 09:15

      まっつんさん、こちらこそありがとうございました!

      カール、デリバリーの紙揃えは、まっつんさんが使用している紙だと苦労しそうですね!
      僕も、いくら良い加湿器を導入してるからといって、ロールの薄物を印刷する時はデリバリーの調整ではいつも苦戦しております。

      ベアリングがキュルキュルって、ちょっとかわいいですね。(音だけ)
      CRCはくれぐれも気をつけてください!
      僕も以前使っていたのですが、吹き付けたとこが錆びだしたので、すべてのCRCを撤去して、ニチランのM300に変更しました。あと、飛びちらーずを使ってます。

      14500RPHで回してる時のYouTube動画を以前アップしてたので、リンクを貼ります!
      http://youtu.be/pILwbZKEixU

      お仕事、お疲れ様でした(○´∀`)ノ
      といっても一日遅れの返信なので、本日も頑張りましょう!
      またよろしくお願いします!

Leave a Comment