コンク

Home / 印刷. / コンク

届きましたよ!特殊紙用インキがー!!!
$printmanship プリントマンシップ
前も使ってましたが、安くないので控えておりました…
でも、一般セットインキとユポ用を半分ずつ混ぜて使うよりは
効率が良いですね。
しかし、「コンク」ってどういう意味ですか!?
濃度が濃いってことはわかるんですが、
「濃い」+「インク」=「コンク」なのでしょうかね。
まだまだ勉強が足りません…
jump!jump!jump!
株式会社リーブル
 → リーブル出版
 → リーブル公式facebookページ
プリントマンシップドットコム
 → printmanship.com
 → リーブルの印刷
 → 木材・紙・印刷(製造業)ランキング
 → 高知(市)情報ランキング

Comments(2)

  • yasu
    30 7月, 2012, 17:36  返信

    SECRET: 0
    PASS:
    英語で書くと "conc." concentrated で、濃縮したという様な意味です。
    つまり、『濃い』。
    インキの場合は顔料が高濃度で配合されているので、「濃いインキ」という意味。
    特殊紙用のコンクだと、厚手の合成紙や乾燥のメチャ悪い用紙にガッツリ盛らなきゃならない時に有効かと。
    乾燥が悪い紙でも、表面がざらついていて図柄が軽い時にはコンクじゃない方が刷りやすいかも…です。(コンクだとベタが綺麗に出ないかも)

  • 30 7月, 2012, 17:41  返信

    SECRET: 0
    PASS:
    >yasuさん
    英語なんですね!濃度が濃いインキだとは知っていたのですが、しっかりした言葉の意味を知らないまま使用していたので助かりました。
    「乾燥が悪い紙でも、表面がざらついていて図柄が軽い時にはコンクじゃない方が刷りやすいかも」「コンクだとベタが綺麗に出ない」←なるほど!!!
    確かに図柄が軽い時はこのインキじゃない方がいいかもですね。
    いつも色々教えてくれてありがとうございます。

Leave a Comment